271-9

カルテットのキャラクター オニキス
f:id:syuriken250:20100602203316p:image
オニキスの孵化 クリーパーほそく

オニキスの卵の頭頂部にはクリーパーとよばれる伸縮自在の触手がある。これは人間でいうへその緒にあたる。
卵はこれを人間の爪の間に打ち込み、時間をかけて養分をえる。
同時に神経を麻痺させる特殊な物質を送り込むため一度とらわれた人間はオニキスの孵化まで身動きがとれず卵の付近でミイラのような状態で発見される。

やがて孵化の準備が整うと特殊ブレミッシュは孵化するが、およそ成人男性のもつ栄養分の全てを吸収する頃に孵化するため、寄生対象が生きていることはまれ。

やがて特殊ブレミッシュは恐るべきスピードで環境に適応し、成熟体へと進化を遂げた。
異常発達した背骨は2分化され、皮膚を突き出てその体(鎖骨〜骨盤)を体表から二重に保護する鎧としての機能をはたす。
クリーパーは孵化後も切れることなく触手として機能し、オニキスの意思で動かすことが出来る。

まじめに考えました。
中盤のボスで登場させます。
まあゲームで使うときこんなに設定いっぱい考えてもどうせ使わないんだけど、いろいろきめたほうが愛着わきますからね・・・

広告を非表示にする